日記

被災地でのペットレスキューのこと

2011年04月24日

被災地で取り残されてしまった
かわいそうなペットや家畜たちの
レスキュー活動をされている
ボランティアさんたちがたくさんいらっしゃるそうですね。

福島の原発エリアで
置き去りにされてしまったかわいそうな子たち。。

飼い主の皆さまも
まさか、こんなに長期にわたる避難になるなんて
たぶん誰も思っていなかったと思います。

三日くらいで帰ってこれるだろうと
ありったけのエサを与えて
置いてくるしかなかったんでしょうね。

ぶたまるさん(すごい名前やな。。)という方は

この原発エリアを中心に
ペット、家畜の保護活動をされていて
警戒区域になってからも
あきらめず、活動を続けられています。

おなかをすかせて死んでいく子たちを
一匹でも多く助けるために
危険なエリアに自ら飛び込んでいく勇気。

もちろん被ばくの恐れもあるだろうし、
無茶をすれば逮捕されるかもしれないし。。
(現在は、警戒区域への立ち入り許可を求める活動をされているそうなので、
無茶はされていません)

ペットも家畜も大事な家族です。
しっかりせいよ、政府!

カテゴリー:ブラウニーの日常日記

↑ページトップへ

月別アーカイブ

もっと以前のブログ

http://blog.livedoor.jp/brownie103/

最近の日記

カテゴリ

タグ

おかし パン パン屋さん 酒粕酵母