日記

名シェフに学ぶ美しいパン

2015年09月10日

IMG_1099先週は
憧れのシェフの講習会へ!

神戸の名店
ラ・バゲット・ド・パリ・ヨシカワの
吉川シェフによる
パン・ド・ロデヴ

パン・ド・ロデヴには、
ルヴァン種が入るということで

前日に吉川シェフがご用意くださった
ルヴァン種の説明から
講習ははじまりました。

乳酸菌がほどよく活動する
ルヴァンはほのかな酸味。

同じ状態でつなぎ続けるのは
なかなか難しいのですが、
吉川シェフに種を分けていただきましたので
がんばってつなごうと思います!

IMG_1108吉川シェフのお店で売られているパンは
どれも本当に美しく、
以前より大好きだったのですが
シンプルなロデヴの成形も
本当に丁寧で、しかもスピーディ。

IMG_1123ストレスなく
大事に扱われたパンは
つぶれる箇所なく
均一な美しさになりました。

IMG_1159こちらは
岐阜の名店
トラン・ブルーの
成瀬シェフによる
ヴィエノワズリ

なかなか講習会をされない
シェフがいよいよ!ということで
埼玉まで行ってまいりました。

朝から夕方まで
成瀬シェフのパン作りを
拝見いたしましたが

それはそれは丁寧で
美しい仕上がり、
そして作業の早いこと!

IMG_1160何種類かの折込み生地は
食感の違いを出すために
折込み回数を変えて作ります。

こちらは有塩バターを巻き込み
甘じょっぱい仕上がりのパン。

これめっちゃ美味しかった!

2人のシェフの講習に共通なのは
生地の扱いの丁寧さと、正確さ。

どれだけ有名になって忙しくなっても
物作りのスタンスは決して変えない
お二人の生きざま、といいましょうか。

気持ちが引き締まる思いの
貴重な経験になりました。
ありがとうございました。

カテゴリー:お勉強日記

↑ページトップへ

月別アーカイブ

もっと以前のブログ

http://blog.livedoor.jp/brownie103/

最近の日記

カテゴリ

タグ

おかし パン パン屋さん 酒粕酵母