しあわせパン教室ブラウニー
メニューボタン

ブラウニーのこだわり
パン
自家培養酵母について
ブラウニーでは、ドライレーズンや、米麹から採取した自然の酵母菌を使ってパンを作っています。果物や野菜、または空気中に浮遊している酵母菌を集め、育てることからパン作りははじまります。
酵母菌は生き物で、気温や湿度によって活動的になったり、静かになったりします。大事に管理、育ててあげるとそれはそれは美味しいパンの素になってくれます。
教室で使用するのは採取したての新鮮で元気な酵母菌。もちろんこの酵母菌はご自宅で培養することも可能です。

イーストと自家培養酵母の違い

パンが膨らむために必要な「酵母」は私たちが生活しているあらゆるところに存在しています。
たとえば、フルーツや野菜の表皮に付着していたり。
この酵母を集めて培養をかけたものが「自家培養酵母」。
ここにはパンを膨らませる酵母だけでなく、その逆の働きをしてしまうもの、たとえば物を腐敗させてしまう雑菌なども混ざっており、管理には少しばかり気を使います。
この中からパンを膨らませる菌だけを人工的に集め培養をかけたものがいわゆる「イースト」です。イーストが優等生の集まりだとしたら、自家培養酵母はいろんな個性のある子供たちがわーっと集まったようなもの。
だからこそ手間ひまをかけて育ててあげることが大切で、育てる人によってさまざまな味わいが生まれるのです。
パン
素材について
ブラウニーでは素材にもこだわっています。
小麦粉はもちろん、砂糖や副材料も、国産を中心に安心、安全な素材を仕入れています。
パン

上:モンスティル

中:春よ恋

下:粗製糖

〜小麦粉〜

【春よ恋】
北海道産小麦の特徴である、豊かな風味があります。
モチモチ感があって、引きの強い食感が楽しめます。伸弾性が強く、しっかりしています。
【モンスティル】
野性味ある力強い風味が特徴の北海道産小麦。本格的で軽やかなクラストのハード系パンに最適です。

〜砂糖〜

パンの味わいにひと役かっているのが「粗製糖」です。
ブラウニーでパン作りに使っている砂糖は「砂糖」ではなく「粗製糖」といいます。
これはサトウキビから蜜を分離しただけで、精製工程に至る前のいわば茶色い砂糖予備軍です。
黒砂糖と比べると色は薄めで少し透明だったりもします。
より原料に近いこの粗製糖を使うと甘さだけでなく、様々なミネラルが旨みをプラスしてくれとても奥の深い味わいのパンが作れます。
もちろん、グラニュー糖や、粉糖は、お菓子作りには欠かせませんので、これらの精製糖もとても大切。
こんな風に、砂糖も目的と用途によっていろいろとそろえて使い分けています。パンが膨らむために必要な「酵母」は私たちが生活しているあらゆるところに存在しています。

〜その他〜

塩・バター etc
ブラウニーではご希望の方に小麦粉、粗糖もお教室でおわけしております。

しあわせパン教室ブラウニー

教室場所 大阪府吹田市出口町9-14
電話番号 06-6369-0390
最寄駅 ・阪急千里線「吹田」駅より徒歩5分
・JR京都線「吹田」駅より徒歩10分
・阪急バス「私立図書館前」
 または「アサヒビール会社前」下車3分
お問い合わせ メールフォームまたは電話にてお問合せください。
Copyright (C) 自家製天然酵母のしあわせパン教室 ブラウニー All Rights Reserved.